森保J 食野&中山招集へ 1・8開幕U23アジア選手権、クラブから前向き回答

[ 2019年12月26日 08:00 ]

中山雄太(左)と食野亮太郎
Photo By スポニチ

 U―23日本代表が出場するU―23アジア選手権(1月8日開幕、タイ)に、海外組のFW食野亮太郎(21=ハーツ)とMF中山雄太(22=ズウォレ)が招集される可能性が高いことが関係者への取材で分かった。開催時期は国際Aマッチ期間ではないためクラブの派遣義務はないが、ハーツとズウォレ側からは前向きな回答をもらっているという。

 食野は10月のブラジル遠征で初招集。11月の親善試合U―22コロンビア戦(Eスタ)では途中出場ながら積極的な仕掛けやシュートを披露した。中山はU―22代表で主将を務め、すでにA代表出場経験がある。長崎合宿にも参加しており「コミュニケーションは多くなってきている」とピッチ内外の精神的支柱として期待は大きい。

 2大会ぶりの優勝で弾みをつけたい森保監督はベストメンバーを組みたかったが、久保や堂安らA代表常連組の参戦は厳しい状況にある。それだけに厳しい海外でもまれる2人の参加は心強い。交渉の行方が注目される。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2019年12月26日のニュース