鎌田、先制起点も後半10人逆転負け「一発レッドで苦しい状況になった」

[ 2019年12月4日 05:30 ]

ドイツ1部   Eフランクフルト1-2マインツ ( 2019年12月2日 )

マインツ戦の後半、競り合うEフランクフルトの鎌田(右)
Photo By 共同

 Eフランクフルトは前半34分に鎌田のショートコーナーから先制点を挙げたものの、前半終了間際に退場者が出て逆転負けを喫した。

 鎌田は「良い得点の奪い方もできて悪くない中で、一発のレッドカードで苦しい状況になった」と残念がった。10人の後半はワントップでプレー。チームが守勢に回ってボールに触る機会が少なく「失点して、だんだん重くなって難しくなった」と首を振った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月4日のニュース