札幌 GK菅野「触れ合い続けたい」 老人ホームを訪問

[ 2019年11月26日 12:46 ]

利用者と触れ合い笑顔を見せる札幌・菅野
Photo By スポニチ

 コンサドーレ札幌のGK菅野孝憲(35)が25日、石狩市にある「グループホームはなかわ」を訪問した。北海道2年目となる菅野は「北海道へ来て、応援してくれている人へ何かしたい」と選手があまり訪問していない老人ホームへ直接聞き取り調査を行い、今回の訪問に至った。

 利用者と触れ合った菅野は「家族と離れ寂しい思いをしている認知症の方たちの何かを埋める存在になれたら。単発ではなく続けていきたい」と話し、山川理愛施設長は「現役の選手と触れ合う機会は少ないので、とても良い経験。お帰りになられた後も覚えている方が多かった」と感激の様子。入居者が応援に行きたくてもなかなか行けない現状を知った菅野は12月7日の最終戦(対川崎F、札幌ドーム)へ招待する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年11月26日のニュース