J2福岡 元日本代表DF菊地直哉と契約更新せず チーム日本人最多8得点の松田力も退団

[ 2019年11月26日 15:58 ]

福岡のFW松田力
Photo By スポニチ

 J2福岡は26日、元日本代表で2004年アテネ五輪にも出場したDF菊地直哉(35)およびFW松田力(28)の両選手と契約満了に伴い、来季の契約を更新しないと発表した。

 これまで磐田、新潟、大分、鳥栖、札幌のほかドイツでもプレー経験がある菊地は今季福岡入り。リーグ戦の通算成績はJ1が236試合7得点、J2が62試合0得点。今季はJ2で10試合0得点だった。

 松田は大分、名古屋、千葉などを経て2017年から福岡でプレーしていた。リーグ戦の通算成績はJ1が65試合7得点、J2が119試合22得点。今季はJ2で36試合に出場、チーム2位で日本人最多の8得点を挙げていた。

 ▼菊地 1年という短い時間でしたが、ありがとうございました。たくさんサポートしてもらいました。これからもアビスパ福岡のサポートよろしくお願いします。

 ▼松田 3年間ありがとうございました。J1昇格という目標を果たすことができず悔しい3年間になりました。そして福岡ではサッカー選手として本当に成長させてもらいました。感謝しています。サポーターの方が作ってくれるレベスタの雰囲気や声援が力になりましたし、スタジアムの一体感が僕は大好きでした。僕は福岡を離れますが福岡のJ1昇格を願っていますしこれからも応援したいと思います。ありがとう。福岡。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年11月26日のニュース