本田 オランダ1部フィテッセ加入決定で意気込み「ピッチで強い印象与える」

[ 2019年11月8日 05:30 ]

オランダ1部フィテッセ加入が決定した元日本代表MF本田
Photo By スポニチ

 元日本代表MF本田圭佑(33)のオランダ1部フィテッセ加入が決まった。クラブから6日、今季終了までの契約締結が発表された。本田は公式サイト上に「オランダのサッカーファンがまだ私を覚えていてくれていたら嬉(うれ)しい。ピッチで強い印象を与えるよう全力を尽くす」とコメント。自身のツイッターでも英語で意気込みを語った。

 5月にオーストラリアAリーグのメルボルンVを退団。オーバーエージ枠での東京五輪出場を目標に掲げて欧州復帰を目指したが所属先が決まらず、10月末からフィテッセで練習参加していた。08~09年のVVVフェンロ以来のオランダ1部で、指揮官はCSKAモスクワ(ロシア)時代の監督だったスルツキ監督。労働許可証の取得を経て、今月中旬の国際試合期間の後に正式加入する見通しだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年11月8日のニュース