フランクフルト・長谷部&鎌田、力の差を痛感…アーセナルに完封負け

[ 2019年9月21日 05:30 ]

欧州リーグ1次リーグF組・第1戦   フランクフルト0―3アーセナル ( 2019年9月19日 )

アーセナルと対戦したフランクフルトの長谷部(左)(AP)
Photo By AP

 昨季は4強入りを果たしたが、準優勝したアーセナルとの対戦で完敗。

 センターバックでフル出場した長谷部は後方からの的確なパスで試合を組み立てたが、結果につながらず「アーセナルは試合巧者だった。間違いなく相手は上だった」と悔しさをあらわにした。トップ下でプレーした鎌田も「最後の決める部分が相手は違った」と力の差を痛感した様子だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月21日のニュース