武藤に強力ライバル?ニューカッスルがベネズエラ代表FW獲得へ動く

[ 2019年9月21日 18:40 ]

 FW武藤嘉紀(27)が所属するイングランド・プレミアリーグのニューカッスルが、米MLSアトランタ・ユナイテッドのベネズエラ代表FWホセフ・マルティネス(26)の獲得に動いていると、地元紙イブニング・クロニクル(電子版)が20日までに報じた。

 マルティネスはMLSで15試合連続ゴールを決めており、リーグ2位タイの26ゴール(27試合)を挙げる活躍を見せている。

 マルティネスは、ニューカッスル所属のパラグアイ代表MFミゲル・アルミロン(25)とアトランタでコンビを組んでおり、ニューカッスルは2人を獲得することで攻撃力アップにつなげたい意向だという。

 加入が決まれば、FWでポジションが重なる武藤にとって強力なライバルになりそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月21日のニュース