久保 見せ場なくマジョルカ地元紙は辛口「悲しいデビュー」

[ 2019年9月3日 05:30 ]

スペイン1部   マジョルカ0-2バレンシア ( 2019年9月1日 )

バレンシア戦の後半に途中出場し、スペインでの公式戦デビューを果たしたマジョルカの久保建
Photo By 共同

 マジョルカの地元紙「ディアリオ・デ・マジョルカ」も久保のデビューを大きく扱った。

 圧倒的劣勢の中、ほとんど見せ場をつくれなかっただけに「悲しいデビュー」との見出しをつけ「ボールを持ち、1度だけ才能の片りんを見せたが、プレーは無駄に終わった。思い描いたデビューではなかった」と辛口の内容。それでも「0―2で試合の大勢がほぼ決した状態でピッチに入った。結果にはつながらなかったが、心のこもったプレーを試みた」と今後への期待も込めた。一方、全国紙のマルカとアスはともに、同じ18歳のU―20韓国代表MF李康仁とのプロ初対決をクローズアップ。出場時間が約12分と短かったため、マルカは採点なしとした。 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月3日のニュース