バルサB安部 待望“初ゴール”!持ち味発揮で不安一蹴

[ 2019年8月20日 05:30 ]

バルセロナのBチームに所属するMF安部
Photo By スポニチ

 バルセロナのMF安部裕葵(20)が18日、Bチームの一員として先発出場したリャゴステラとの親善試合で“初ゴール”を決めた。左ウイングに入ると開始2分だった。左サイドからドリブルで持ち込み、最後は右足でフィニッシュ。試合は1―1のドローに終わるも、安部は後半18分までプレー。積極的な姿勢を見せた。

 バルセロナの公式サイトでも「先制点を決めた安部は、この試合の主役の一人になった」と称賛した。先月15日、4年契約で鹿島から移籍。当初は右腰部の負傷で出遅れたが、この日のプレーで不安も一蹴した。Bチーム(3部)の開幕が25日に迫る中、最後の実戦でらしさを発揮し、期待が膨らんできた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月20日のニュース