レアルB久保 連続フル出場!冷静仲裁も地元紙から評価

[ 2019年8月20日 05:30 ]

レアル・マドリードの日本代表MF久保
Photo By スポニチ

 Rマドリードの日本代表MF久保は18日、Bチームの一員としてブルゴスとの親善試合に2戦連続のフル出場、前半アディショナルタイムには3人に囲まれながら味方に鮮やかなパスを通し、得点の起点となった。まだ周囲との連係が確立されず、試合は2―3で敗れるも質の高さを示すプレーを見せた。

 試合終盤にはゴール前での接触をきっかけに両軍の選手が小競り合いになる場面も。やや遅れて輪に入った久保が流ちょうなスペイン語と冷静な姿勢でもみ合いをなだめると、地元紙では「久保は仲裁者としても才能を示した」と報じた。関係者によれば9月の親善試合パラグアイ戦、W杯アジア2次予選ミャンマー戦での日本代表招集が濃厚な18歳は日々、存在感を増している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月20日のニュース