なでしこ協会、東京五輪へ強化策 格上との実戦準備も

[ 2019年8月16日 05:30 ]

 日本サッカー協会の今井純子女子委員長が都内で6月のW杯を振り返り、東京五輪への強化策を示した。フランス大会ではプレーの強度が世界的にレベルアップした点に触れ、フィジカル面が重要になると強調。さらに攻撃では決定力アップが必須だと力を込めた。

 今井委員長は、高倉監督が来年の東京五輪まで指揮を執ることを明言し、今後は分析担当スタッフを増強する方針。監督から「スケジュールのリクエストがあった」とし、FIFAランク上位との実戦を重ねる準備があることも明かした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月16日のニュース