鹿島・内田主将 フル出場OK「いつでも準備している」

[ 2019年8月16日 05:30 ]

 頼れる主将が、タイトルへのヤマ場を迎える後半戦に向け“臨戦態勢”を整える。鹿島DF内田は前日14日の天皇杯3回戦栃木戦で、後半39分から3月30日のJ1磐田戦以来約4カ月半ぶりとなる公式戦復帰を果たした。

 先発復帰にも期待が懸かる中、フル出場でも「多分大丈夫」と古傷を抱える右足の状態が良いことを説明。「チームがいい流れの時は(メンバーを)代えない方がいい時もある。(監督から)“行け”と言われたら行くし、“行け”と言われた時のためにいつでも準備している」と力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年8月16日のニュース