G大阪FW中村、トゥエンテに期限付き移籍 クラブ間合意、近日中正式発表

[ 2019年7月15日 05:00 ]

中村敬斗
Photo By スポニチ

 G大阪のU―20代表FW中村敬斗(18)がオランダ1部トゥエンテに期限付き移籍することが14日、分かった。すでにクラブ間合意しており、一両日中に正式発表の見込み。20日の名古屋戦(豊田ス)がラストマッチになる可能性が高い。

 今季途中から定位置をつかんだ中村には、日本代表MF堂安律(21)や同MF板倉滉(22)が所属する昨季8位のオランダ1部フローニンゲンも獲得オファーを出していた。だが今季2シーズンぶりの1部復帰を果たし、より厳しい戦いが予想されるトゥエンテを選択。

 G大阪は必要な戦力として慰留に努めてきたものの、18年の入団時から強い海外志向を持っていた中村の意向を最終的には尊重し、送り出すことを決めた。今夏はMF久保建英がレアル・マドリード(スペイン)、MF安部裕葵がバルセロナ(スペイン)、DF菅原由勢がAZ(オランダ)へ移籍。中村はU―20代表世代では4人目の海外組になる。

 トゥエンテは09~10年シーズンに1部リーグ優勝を果たし、14~15年シーズンには元日本代表FW宮市亮(26=ドイツ2部ザンクトパウリ)も在籍した名門。今シーズン開幕は8月3日で、中村は早ければ昨季2位の強豪PSVとの開幕戦で欧州デビューする。

 ▽FCトゥエンテ 1965年創設。オランダ東部オーファーアイセル州トゥエンテ地方の都市エンスヘーデを本拠地とするクラブ。リーグ優勝1回、オランダ杯優勝3回。ホームスタジアムのデ・フロルーシュ・フェステは3万205人収容。

 ◆中村 敬斗(なかむら・けいと)2000(平12)年7月28日生まれ、千葉県我孫子市出身の18歳。三菱養和ユースに所属した17年にU―17W杯出場。1次リーグ初戦ホンジュラス戦の3得点を含む4得点を挙げた。高校2年生ながらJ複数クラブからオファーが届き、18年シーズンからG大阪に入団。同年2月24日のリーグ開幕名古屋戦でプロデビュー。11月24日の長崎戦でJ1初得点。1メートル80、75キロ。右利き。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年7月15日のニュース