ブラジル3発白星発進!41歳フォルミガ 澤さん超え7大会連続出場で最多記録「健康に感謝」

[ 2019年6月11日 05:30 ]

女子W杯1次リーグC組   ブラジル3-0ジャマイカ ( 2019年6月9日 )

<女子W杯1次リーグC組>ジャマイカ戦でゴールが決まり、喜びの輪に加わろうとするブラジル代表MFフォルミガ(右端)(AP)
Photo By AP

 サッカーの女子W杯フランス大会第3日が各地で行われ日本と同じD組のイングランドはスコットランドを2―1で下して白星発進した。14日の第2戦でスコットランドは日本、イングランドはアルゼンチンと対戦する。C組はブラジルがFWクリスティアニ(34=サンパウロ)のハットトリックで3―0とジャマイカに快勝。イタリアはオーストラリアに2―1で逆転勝ち。

 ブラジルのMFフォルミガがフル出場し、快勝発進に貢献した。W杯は7大会連続7度目の出場で、6大会出場の元日本代表主将の澤穂希さんを上回る大会最多記録を樹立。41歳98日での出場も元米国代表DFランポーンの40歳11日を抜いて大会最年長記録となった。16年に代表を引退し18年に復帰したベテランは母国メディアに「初戦はいつも緊張する。ここまでプレーできた健康に感謝したい」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年6月11日のニュース