ゲンクFW伊東、「得意な形」でダメ押し3点目アシスト 8年ぶりVへ前進

[ 2019年4月16日 05:30 ]

ベルギー1部・上位プレーオフ   ゲンク3―1クラブ・ブリュージュ ( 2019年4月14日 )

クラブ・ブリュージュ戦の後半、攻め込むゲンクの伊東(手前)(共同)
Photo By 共同

 ゲンクのFW伊東は14日、上位プレーオフのクラブ・ブリュージュ戦にフル出場。2―1で迎えた後半36分には、右サイドからのクロスで勝利を決定づける3点目をアシストした。

 「あれは得意な形。ピンポイントで合わせられれば、と思っていた。勝って次にいけるのがでかい」と満足そう。3―1で快勝したチームは8年ぶりのリーグ制覇に向け、大きく前進した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年4月16日のニュース