ザルツ南野、起点の縦パスから逆転弾「できたのは僕らの強さ」

[ 2019年4月16日 05:30 ]

オーストリア1部・上位プレーオフ   ザルツブルク3―1シュトゥルム・グラーツ ( 2019年4月14日 )

シュトゥルム・グラーツ戦で攻め込むザルツブルクの南野(共同)
Photo By 共同

 ザルツブルクの日本代表MF南野は14日、シュトゥルム・グラーツ戦に先発、後半40分までプレーし、3―1の勝利に貢献した。序盤からポスト直撃の惜しいシュートを放つなど、積極的に攻撃に加わった。

 チームは序盤にミス絡みで先制されるも後半22分には南野の縦パスを起点に逆転。「ミスから相手に押し込まれた。後半に立て直し、逆転できたのは僕らの強さ」と振り返った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年4月16日のニュース