なでしこ米遠征から帰国 高倉監督、世界一奪還へ手応え

[ 2019年3月8日 05:30 ]

米国遠征から帰国したなでしこジャパンの高倉麻子監督
Photo By スポニチ

 国際親善大会「シービリーブスカップ」に出場したなでしこジャパンが7日、遠征先の米国から成田着の航空機で帰国した。

 大会では米国、ブラジル、イングランドとFIFAランキング上位の国と対戦し、1勝1分け1敗に終わった。特に6月のW杯フランス大会1次リーグでも対戦するイングランドには0―3で完敗したが、高倉監督は「3失点ともいらない失点で集中力が欠けていた。そこを理解してやり続ければ届かない相手ではない」と敗戦の中にも手応えを感じたという。

 強豪相手に3試合で5得点の攻撃については「点が取れるようになってきた」と評価。改めて「本大会ではやれると思う。優勝を目指します」と世界一奪還を目標に掲げた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年3月8日のニュース