延長後半にドラマ…ポルトも8強、VARからPK決勝点

[ 2019年3月8日 05:30 ]

欧州チャンピオンズリーグ 決勝T1回戦第2戦   ポルト3―1ローマ ( 2019年3月6日 )

PKを決め喜ぶポルトのアレックステレス(中央)(AP)
Photo By AP

 2戦合計3―3で突入した延長後半、ポルトにVARから決勝点が生まれた。

 途中出場のMFフェルナンドがユニホームを引っ張られた場面を映像で確認した主審がPKを宣告。ブラジル人DFアレックステレスが左隅に決めて勝ち越した。1―2で敗れたアウェーの第1戦から一転し、ホームでは攻撃的なサッカーを展開。コンセイサン監督は「完璧に近い試合ができた」と満足そうだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年3月8日のニュース