マンC 劇的逆転勝利、サネが古巣相手に起死回生FK弾

[ 2019年2月22日 05:30 ]

欧州チャンピオンズリーグ決勝T1回戦第1戦   マンチェスターC3―2シャルケ ( 2019年2月20日 )

シャルケ戦でチーム2点目を決めるマンチェスター・シティーのサネ(AP)
Photo By AP

 マンチェスターCは、ドイツ代表MFサネが、古巣相手に起死回生の直接FK弾を決めた。1―2の後半40分、約25メートルから左足で右隅に蹴り込み同点。退場者を出していたチームはこれで息を吹き返し、終了間際にMFスターリングが決勝点を挙げた。

 グアルディオラ監督は「アウェーで3点を取って、10人で11人の相手に勝った。いい結果だ」と劇的な逆転勝利を誇った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年2月22日のニュース