井手航輔 レガネス入り決定 米国生まれでドイツ4部などでプレーしていた20歳

[ 2019年2月10日 20:10 ]

 ドイツ4部アレマニア・アーヘンU―23などでプレーしていたDF井手航輔(20)がスペイン1部レガネス加入が決まったと、10日までにマネジメント会社が発表した。

 昨冬からレガネスの練習に参加し、実力が認められて1年半契約を勝ち取ったもので、近くクラブから正式発表される。井手は「常にサポートをしてくれた家族や、この契約に関わってくれた皆様に感謝しております」とコメント。当面はU―23チームに合流し、トップチームでの出場を目指す。

 米国生まれの井手は米MLSギャラクシーの下部組織出身で、左右をこなすサイドバック。日本国籍があり、東京五輪世代ということで、今後も注目を集めそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年2月10日のニュース