長友 アジア杯日本人最年少弾の冨安絶賛「膝曲げて俺の身長に合わせてくれる優しいやつ」

[ 2019年1月22日 19:22 ]

冨安(左から2人目)のゴールを喜ぶ長友(右)ら
Photo By スポニチ

 サッカー日本代表DF長友佑都(32=ガラタサライ)が22日、自身のツイッターを更新。21日のアジア杯UAE大会決勝トーナメント1回戦・サウジアラビア戦でアジア杯日本人最年少ゴールとなる決勝ゴールを決めたDF冨安健洋(20=シントトロイデン)に感謝した。

 長友は「20歳冨安がチームを救ってくれた。サンキュー冨!」と森保ジャパンに8強入りをもたらした若武者に感謝。「どんどん成長していけと強く願うおっさんの俺。笑」と、同じ寅年でちょうどひと回り年下の冨安を“おっさん目線”で温かく見守る胸中をつづり、「写真撮る時もめっちゃ膝曲げて俺の身長に合わせてくれる優しいやつ。笑」と1メートル88の長身を誇る後輩が1メートル70の先輩に気を遣う様子を明かして笑顔の2ショット写真をアップした。

 冨安は前半20分にMF柴崎岳(26=ヘタフェ)の左CKに頭を合わせて国際Aマッチ初得点。森保ジャパンは24日の準々決勝では4強入りを懸けてベトナムと対戦するが、長友は「次も勝つよ!」と意気込んでいた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月22日のニュース