【中田浩二氏 視点】目を引く森保Jの守備力、ボランチ・遠藤“いい働き”

[ 2019年1月22日 08:30 ]

アジア杯決勝トーナメント1回戦   日本1―0サウジアラビア ( 2019年1月21日    UAE・シャルジャ )

<日本・サウジアラビア>後半、セットプレーのボールをはね返す吉田(中央)(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 守備はコンパクトに保ちながらよく守っていた。サウジアラビアは以前と違ってポゼッションを高めている。主導権を握られ、サイドから攻められたが、日本は中を固めてしっかり集中し、相手のボールをはね返していた。シュートに対して体も寄せていたし、決定機もほとんどつくらせなかった。

 DF4人とボランチ2人の守備陣は、固まったといっていい。特にボランチの遠藤が目立たないが、いい働きをしていた。ボールを奪う力と対人の強さが素晴らしく、全体のバランスも取っていた。最終ラインが危ないときもカバーしていた。冨安も安定感があり、センターバックの一角を確保した感じだ。高さがあり、粘り強く体を張ったプレーもできる。決勝点を決めたようにセットプレーでゴールも奪えるし、足元の技術もある。

 森保ジャパンは攻撃が評価されていたが、この大会に入って守備が目を引いた。我慢強く守って勝ちきれたことは、チームの経験として今後に生かせると思う。(元日本代表DF)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月22日のニュース