カーディフ移籍のエミリアーノ・サラ搭乗の小型飛行機が行方不明に

[ 2019年1月22日 21:57 ]

搭乗した小型機が行方不明となっているエミリアーノ・サラ(AP)
Photo By AP

 イングランド・プレミアリーグ・カーディフへの移籍が決まったアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ(28)を乗せた小型飛行機が行方不明になったと、22日付の英BBC放送や英衛星放送スカイ・ニュース(いずれも電子版)が伝えた。

 サラは、元日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(66)が率いるフランス1部ナントで12ゴールを挙げる活躍を見せ、カーディフへの移籍が決定。現地時間21日夜、カーディフに合流するためナントの空港から出発したが、イギリス海峡で消息を絶ったという。現場に捜査隊が向かったが、悪天候のため深夜に捜査は打ち切りとなった。22日朝から捜査再開となっている。

 サラは、クラブ史上最高額となる移籍金1500万ポンド(約21億円)の3年半契約でカーディフへの移籍が決まったばかり。契約時、サラは「大きな喜び。トレーニングが待ちきれない」と話していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月22日のニュース