中島翔哉 カタールに移籍!?アルドゥハイルとクラブ間合意と報道

[ 2019年1月17日 16:47 ]

MF中島翔哉
Photo By スポニチ

 ポルトガル1部ポルティモネンセの日本代表FW中島翔哉(24)が、中東のカタールに移籍する可能性が急浮上した。

 ポルトガルの主要サッカー専門サイト「zerozero」は16日、「ポルトガルでもイングランドでもない。中島はカタールへ向かう。驚きの方向転換」と、1月の移籍期間に中島がカタール1部の強豪アルドゥハイルに移籍することでクラブ間合意に達したと報じた。中島とクラブが合意しているかについては触れていない。

 ポルトガルメディアなどでは、イングランド・プレミアリーグのレスター、ウルバーハンプトン、ポルトガルの強豪ベンフィカ、ポルトなどが中島の獲得に動いていると報じられていたが、ポルティモネンセが設定した移籍金が4000万ユーロ(約49億6000万円)と高額であることから交渉が難航していると伝えられていた。

 カタールは中東で初開催となる22年のW杯に向けて、国を挙げてサッカー関連の投資に力を入れている。カタールの王族が会長を務めるアルドゥハイルは、2017に強豪ラフウィヤがアルジャイシュと合併して名称変更。2017〜18年は2連覇したカタール1部リーグなど国内3冠を達成した。現在不在の監督には、名将モウリーニョ氏の右腕として長年コーチを務めたルイ・ファリア氏が就任する見込みという。

 中島は日本代表のアジア杯メンバーに選ばれたが、大会開幕直前に右ふくらはぎ負傷のため離脱した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月17日のニュース