C大阪、森島寛晃社長就任を発表「誇りに思ってもらえるクラブに」

[ 2018年12月21日 15:55 ]

<C大阪・新社長会見>C大阪の新社長に就任した森島寛晃氏は抱負を語る(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 C大阪は21日、代表取締役社長の交代を発表し、新たにクラブOBで元日本代表の森島寛晃氏(46)が就任したことを発表した。クラブ広報を通じて以下のようにコメントした。

 「日頃より、セレッソ大阪をご支援、ご声援いただき、誠にありがとうございます。この度、株式会社セレッソ大阪代表取締役に就任することとなりました。セレッソ大阪を愛する全ての皆さまに、誇りに思ってもらえるクラブにするため、精神誠意、全力で日々業務に取り組む所存です。サポーター・スポンサー・地域・チーム・フロントスタッフが一丸となり、ユニフォームに新たな星を付け加えたいと思います。ぜひ、スタジアムで一緒に闘ってください」

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年12月21日のニュース