DF昌子源 1対1でからめとる頭脳的タックル レアルにも食らいついた守備力

[ 2018年6月3日 10:30 ]

侍 俺の武器

16年、クラブW杯でレアル・マドリードのベンゼマ(左)と競り合う昌子
Photo By スポニチ

 W杯日本代表のDF昌子源(25=鹿島)は1対1の強さに定評があり、中でもタックル回数はJ1で最も多い59回を数える。父の力さんは姫路独協大サッカー部の監督を務める名指導者で、母の直美さんはミキハウスにも所属したソフトボールの元実業団選手。ともに大体大出身という両親の高い運動能力を受け継ぐが、凄いのはその身体機能だけではない。 日本代表・試合日程

 「センターバックに大事なのは“考え方”」との持論がありサッカー偏差値も高い。プロになって以来、意識してきたのはボールを奪う際の独特な足の出し方。敵に近づいた後は腰を低く落としてボールをからめとるような動きを見せ、「タイミングと足の出し方はJリーガーでは他にいない」と自負する。むやみやたらなタックルではないからこそ、鹿島の堅守を支えられる。16年末のクラブW杯でレアル・マドリード相手に食らいついたディフェンス力は必見だ。

 ◆昌子 源(しょうじ・げん)1992年(平4)12月11日生まれ、神戸市出身の25歳。小4からFCフレスカ神戸でサッカーを始め、G大阪ジュニアユース、米子北高を経て11年に鹿島に加入。国際Aマッチ通算11試合出場1得点。1メートル82、74キロ。利き足は右。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年6月3日のニュース