浦和・大槻監督 無敗でバトン 見事再建“アウトレイジ最終章”

[ 2018年4月22日 05:30 ]

明治安田生命J1第9節   浦和0-0札幌 ( 2018年4月21日    埼玉 )

試合後、言葉をかわす浦和・大槻監督(左)と札幌・ペトロヴィッチ監督
Photo By スポニチ

 浦和・大槻監督のラストマッチはドロー、暫定就任期間の公式戦を4勝2分けと無敗で駆け抜けた。

 昨夏まで浦和を指揮したペトロヴィッチ監督率いる札幌戦で選択した布陣は3―4―2―1。「より個人の良さを出すためミラーゲームで挑もう。対面の選手をつぶそう」と指示し、激しい局地戦に持ち込んだ。一躍、人気となったオールバックの風貌には「見た目も大事。何かしらスイッチを入れようと思った」と笑うが、リーグ戦は開幕から5戦未勝利後、3勝1分けと見事に再建した。この日、視察したオリヴェイラ新監督へバトンをつないだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年4月22日のニュース