元フランス代表DFエブラ ウエストハムに入団する見通しに 英複数メディアが報道

[ 2018年2月7日 19:00 ]

 フランス1部マルセイユの日本代表DF酒井宏樹(27)の元同僚で、昨年11月から無所属となっていた元フランス代表DFパトリス・エブラ(36)が、プレミアリーグのウエストハムに入団する見通しになったと、英BBC放送(電子版)を含む複数の英メディアが6日付で伝えた。

 エブラはマルセイユに所属していた昨年11月2日の欧州リーグのギマラインス戦の試合前に、暴言を吐いた自軍サポーターに激怒。ピッチに降りてきたサポーターの頭を蹴るトラブルを起こし、クラブから解雇されていた。

 ウエストハムの監督は、2013〜14年にマンチェスター・ユナイテッドを率いたデビッド・モイーズ(54)。エブラは2006〜14年にマンチェスター・ユナイテッドでプレーしており、加入が決まれば恩師の下でプレーすることになる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2018年2月7日のニュース