横浜 プロ20年目、39歳DF中沢がキャプテン就任

[ 2018年2月7日 22:47 ]

 J1横浜は7日、元日本代表DF中沢佑二(39)が新たにキャプテンへ就任すると発表した。昨季キャプテンを務めたMF斎藤学(27)が川崎Fへ完全移籍したことにより空席となっていた。副キャプテンは昨季に引き続きDF栗原勇蔵(34)、GK飯倉大樹(31)、MF喜田拓也(23)と新たに就任するMF中町公祐(32)が務める。

 中沢はクラブを通じて「キャプテンに任命されて、とても光栄です。キャプテンという肩書を持ちますが、自分らしく、自然体でいきたいと思います。副キャプテンには勇蔵、マチ、大樹、キー坊がいるので安心してキャプテンを務めることができます。明るく、時には厳しく一日一日を大切に過ごしていきたいと思います」とコメント。

 「キ 気炎万丈」「ャ やるしかない」「プ プロ生活20周年」「テ 天下獲ります」「ン ンフフフフ」と続けた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2018年2月7日のニュース