ドルト香川途中出場 独1部日本人通算200点&最多得点お預け

[ 2017年5月7日 05:30 ]

ブンデスリーガ・第32節   ドルトムント2―1ホッフェンハイム ( 2017年5月6日 )

<ドルトムント・ホッフェンハイム>後半、攻め込む香川
Photo By 共同

 ドルトムントの日本代表MF香川は6日のホーム・ホッフェンハイム戦に1―0の後半35分から途中出場した。

 来季の欧州CL出場権を懸けた上位対決で、「しっかりと準備していきたい」と話していた香川も果敢にゴールを狙った。決めればドイツ1部日本人通算200得点目となり、さらに自身通算37得点目で岡崎の持つドイツ1部最多得点に並んだが、出場時間が短く不発。それでも2―1勝利に貢献した。(ドルトムント・山口裕平通信員)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2017年5月7日のニュース