PR:

モナコで熊本支援試合 くまモンもピッチに、復旧努力を発信

「熊本地震復興支援マッチ」前、くまモンの帽子とTシャツを着用し記念写真に納まる子どもたち。右上は熊本県の小野泰輔副知事
Photo By 共同

 熊本地震の被災地の復旧努力を広く国外にも発信するため29日、モナコ公国のサッカーチームでフランス1部リーグに所属するモナコのトゥールーズ戦が「熊本地震復興支援マッチ」と銘打ってモナコの本拠地で行われた。試合前やハーフタイムに復興に取り組む熊本県の映像が流され、PRキャラクター「くまモン」もピッチに登場して元気な熊本をアピールした。

 試合後には元首のアルベール2世公が、震災被害を伝える特設写真展を観覧。和服姿で出迎えた熊本県の小野泰輔副知事の説明に熱心に聞き入った。小野副知事は「一生懸命に写真を見てくださり、早い復興を願っていますとお言葉をいただいた」と感謝した。

 J2熊本のスポンサーが、親交の深いモナコに働きかけて実現した。モナコのメルメマレシャル・スポンサー担当部長は「シーズン中で例外的なことだが、こういう試合を開催できて名誉だ」とコメント。セレモニーに参加した日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「多くの方々の協力で実現した。サッカーの力を感じている」と話した。

 モナコから熊本県に10万ユーロ(約1210万円)が寄付され、今後スポーツを通じた復興事業に使われる予定。試合はリーグ首位のモナコが3―1で快勝した。

[ 2017年4月30日 10:08 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:07月19日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム