「政治的なものはない」田嶋会長、旭日旗問題に言及

[ 2017年4月30日 10:44 ]

熊本地震の被害を伝える特設写真展を訪れたアルベール2世公(右)と日本サッカー協会の田嶋幸三会長
Photo By 共同

 韓国で行われたサッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)でサポーターが旭日旗を掲げたJ1川崎Fの処分をアジア・サッカー連盟(AFC)が検討している件で、日本協会の田嶋幸三会長は29日、熊本地震復興支援試合が行われたモナコで取材に応じ「われわれは旭日旗に政治的なもの(意図)はないと思っている」との見解を示した。

 AFCが差別的行為と捉えていることに対し、田嶋会長は「2012年のU―20(20歳以下)女子ワールドカップ(W杯)の時にも問題になって、AFCに対してもFIFA(国際サッカー連盟)に対しても、ずっと言い続けていること」と主張。その上で「文部科学省やスポーツ庁、外務省ともしっかり話をしていかなければならないこと」と述べた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年4月30日のニュース