G大阪 ACL予選敗退危機…ホームで痛恨2敗目「前半が全て」

[ 2017年3月16日 05:30 ]

ACL1次リーグH組   G大阪0―1江蘇蘇寧 ( 2017年3月15日    吹田S )

<G大阪・江蘇蘇寧>ホームで連敗し、ガックリ肩を落とすG大阪・遠藤(左から3人目)
Photo By スポニチ

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)H組のG大阪はホームで江蘇蘇寧(中国)と第3戦を戦い、0―1で敗れた。終始、ボールを保持したものの、前半40分に元ブラジル代表MFラミレス(29)に決勝点を献上した。1勝2敗の勝ち点3で3位のまま。予選突破は厳しい状況に追い込まれた。アウェーで上海上港(中国)と対戦したF組の浦和も2―3で敗れ初黒星。勝ち点6となり、首位から陥落した。

 相手をリスペクトしすぎたのか、連戦による疲労の影響だったのか…。「正直、前半が全てですね。消極的なプレーに終始した。なかなかボールを動かせなかった。われわれのサッカーを見せられなかったのが全て」。試合終了間際にはFW長沢がエリア内で倒されるシーンもあったものの、長谷川監督は前半45分間の戦い方に敗因を求めた。

 江蘇蘇寧は5バック気味の守備を敷き、さらにMF遠藤にはFW吉翔がマンマーク。ボールは保持するも、遠藤をうまく経由できないビルドアップはスムーズさを欠いた。さらにチェルシー(イングランド)で活躍した元ブラジル代表MFラミレスと、ウクライナリーグ得点王のFWアレックス・テイシェイラを警戒しすぎて「後ろ(守備)に重心が掛かった」(遠藤)。前半はMF今野のポスト直撃のボレーシュート1本だけ。ビッグチャンスをつくれなかった。

 逆に前半終了間際にラミレスの芸術的な左足シュートで失点。ACLデビュー戦となったGK鈴木は「相手のチャンスはあれだけだった。悔しい」と唇をかみ、長谷川監督は「(利き足と逆の)左足だったけど世界的な選手は精度の高いシュートを打ってくる」と脱帽するしかなかった。

 ACLでは1勝2敗。2位の済州(韓国)とは勝ち点差1で折り返したものの、ホームスタジアムでは早くも2敗目だ。新スタジアム元年だった昨年はホームで1分け2敗。ACLではいまだホームでの勝利がない。予選リーグで本拠地2敗した大会(12、16年)はともに敗退。遠藤は「次のアウェーでの江蘇蘇寧戦(4月10日)が重要。落とすと終わり。しっかり勝ち点を取れればチャンスは出てくる」と気丈に話した。ただ、厳しい状況に立たされていることは確かだ。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年3月16日のニュース