Fリーグ「6クラブ共同開催方式」導入 アベマTVライブ配信も

[ 2017年3月16日 05:30 ]

 フットサルのFリーグの17〜18年シーズン概要発表会見が都内で行われ、今季から6クラブが1会場に集まり2日間で各2試合を開催する「6クラブ共同開催方式」を導入することになった。新たにインターネットテレビ局「Abema TV」でのライブ配信も実施する。

 会見に出席したFリーグの小倉COO(最高執行責任者)は「新しいファンが増えてくれればうれしい」と話した。また福村COO代行は、12年にJ2横浜FCのカズをエスポラーダ北海道でデビューさせたことを引き合いに「今年はお断りされたが、来季以降もオファーし続ける」とラブコールを送っていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年3月16日のニュース