FC東京6発開幕 さすが得点王!ウタカ初陣弾「ホッとしてる」

[ 2017年3月16日 05:30 ]

YBCルヴァン杯・1次リーグA組   FC東京6―0仙台 ( 2017年3月15日    味スタ )

<FC東京・仙台>後半、4点目となるPKを決めるFC東京・ウタカ
Photo By 共同

 15日に開幕し、各地で6試合が行われた。A組のFC東京はホームで仙台を6―0で下した。MF阿部拓馬(29)、FW中島翔哉(22)がそれぞれ2得点、新加入のFWピーター・ウタカ(33)がゴールを挙げ、大勝した。

 新加入のFWピーター・ウタカがデビュー弾を決めた。3―0の後半22分に移籍後初の公式戦のピッチへ上がると、30分に阿部が得たPKを主将の森重から託され、GKの逆を突いて右上を射抜いた。広島で昨季J1得点王を獲得した点取り屋は「ホッとしている。チームに溶け込めるようサポートしてくれた森重に感謝している」と恐縮すると、森重は「“ご飯をごちそうしてくれる”と言っていました」と笑顔だった。6点を奪い、0―3で大敗したG大阪とのリーグ戦の悪夢をかき消す快勝となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年3月16日のニュース