FC東京DF森重 UAE戦でのリベンジ誓う「賢く頭を使いながらやりたい」

[ 2017年3月16日 18:07 ]

練習で笑顔を見せるFC東京・森重
Photo By スポニチ

 日本サッカー協会は16日、ワールドカップ(W杯)アジア最終予選(23日・UAE戦、28日・タイ戦)に臨む日本代表メンバーを発表し、25人が選出された。

 J1のFC東京からは、チームの主将を務めるDF森重真人(29)が順当に選出され、23日に行われる敵地UAE戦でのリベンジを誓った。

 「アウェーでのUAE戦は勝ちにいかないといけない」と話した守備の要は「アジアの中で負けるのは許されない。そのくらいのプライドと責任感を持って戦わないといけない」と力説。フル出場した昨年9月のホーム戦ではカウンターとセットプレーから失点を重ねただけに「どういう戦い方になるか分からないが、カウンターとスピードは相手の武器。1発でDF陣が入れ替わらないようにしないといけない。ペナルティーエリア付近で無駄なファウルをしないよう、賢く頭を使いながらやっていきたい」と静かに闘志を燃やしていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年3月16日のニュース