“ノッてる男”武藤 独2発で自信「結果にこだわる」

[ 2015年9月1日 05:30 ]

練習前、笑顔で本田(右)と話す武藤

日本代表合宿初日

(8月31日)
 乗ってる男が代表でも嫌な流れを変える。目下4戦勝ちなしのハリルジャパンは、4試合でわずか3ゴールと得点力不足に泣いている。日本代表FW武藤は現状について「難しいところはある」としながらも、自身は29日のハノーバー戦でブンデスリーガ初得点を含む2ゴールを決めて堂々の帰国となっただけに「何が何でも勝たないと。流れを変えるプレーをする」と言い切った。

 練習前には本田と意見交換した。日本人と外国人のDFの違いについて語り合ったようで「日本のDFの方がしっかりFWの動きを見るけど、海外は一気に(ボールを)取りに来る」と違いを解説。「だから外国人相手にはファーストタッチがうまくいけば(敵を)いなせる部分がある。カンボジアはどう来るか分からないけど、しっかり対応したい」と早くも攻略法を描いている。代表でもマインツ同様、1トップで起用される可能性もあるが「海外でやってる以上、ここでできないわけがない」ときっぱり。代表では11戦連続無得点だが「結果にこだわりたい」と積極的にゴールも狙っていく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年9月1日のニュース