好調香川、代表戦へエースの自覚「切り替えて全力注ぐ」

[ 2015年9月1日 05:30 ]

日本代表合宿初日

(8月31日)
 好調を維持しているドルトムントの日本代表MF香川は1日に帰国し、練習に合流する。「シンガポール戦では悔しい思いをした。(W杯アジア2次)予選で2試合連続で勝てない状況では厳しいと思っているので、しっかり切り替えてカンボジア戦に全力を注いでいきたい」とエースの自覚を示す。

 30日のヘルタ戦では公式戦4試合連続ゴールこそならなかったものの、先制アシストを皮切りに全3得点に絡み、開幕3連勝に貢献。後半27分には、無人のゴールにシュートを放つも決められなかったが「きょうはしようがない。崩れずに自分たちで3点目を取りきったことが良かった」。31日付の地元ビルト紙では今季初のベストイレブンに選出された。一方、ヘルタの日本代表MF原口は今季初の1トップで先発し、フル出場したがシュート0に終わった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年9月1日のニュース