槙野 無念の離脱…MRI検査で右内転筋に出血が発覚

[ 2015年9月1日 05:30 ]

話し合いを終え、ハリルホジッチ監督(左)とハグする槙野

日本代表合宿初日

(8月31日)
 日本代表DF槙野は集合後のMRI(磁気共鳴画像装置)検査で右内転筋に出血が発覚したため離脱となった。

 「僕自身、ずっと試合が続いてましたし少し休めということだと思います。一歩引いたところから見るのも大事だと思う」。それでも初日のミーティングまでは参加。「東アジア杯から勝てていない。出てない選手のモチベーションとかも大事。メンタルの部分を注入していきたい」と話していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2015年9月1日のニュース