遠藤 ハリル“洗礼”に苦笑い「体脂肪多いと言われた…」

[ 2015年9月1日 05:30 ]

フィジカルトレをこなす遠藤

日本代表合宿初日

(8月31日)
 海外組も含むA代表に初選出のDF遠藤が“ハリルの洗礼”を浴びた。全体練習前、ハリルホジッチ監督から宇佐美、興梠らとともにピッチ中央に呼び出されると「体脂肪率が多いと言われました」と苦笑い。通常、湘南での測定では9~10%を維持していたが、この日の測定は13%超。今後はトレーナーと相談しながら体脂肪率の減少にも励むつもりだ。

 一方、再会を楽しみにしていたFW岡崎との対面には「向こうから話しかけてくれて」と胸が躍った。高3でJ1デビューした10年、清水戦に0―5と完敗。遠藤は当時清水FWだった岡崎との直接対決でJ1のレベルを痛感。以来、ポジションは違えど同じ舞台に立つことを目標としてきた。初体験となるW杯予選では中盤および右サイドバックでの出場を目指す。「1対1で負けない、ボールを奪うシーンを練習から見せていきたい」と話していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年9月1日のニュース