ファンペルシー、ナニ…トルコリーグ 続々大物加入の背景とは

[ 2015年9月1日 13:50 ]

トルコリーグで活躍を見せるファンペルシー(AP)

 欧州でがぜん注目度が高まっているのがトルコリーグだ。今月にヘルタのMF細貝萌(29)がブルサスポルに、アストラ(ルーマニア)からMF瀬戸貴幸(29)がオスマンリスポルに移籍したばかり。7月にマンチェスターUからオランダ代表FWロビー・ファンペルシー(32)とポルトガル代表MFナニ(28)がともにフェネルバフチェに完全移籍するなど、大物選手が続々と加入している背景とは。

 期限付き移籍でブルサスポルに加入したMF細貝が新天地トルコでデビューを飾った。29日、敵地のイスタンブールBFK戦に先発して後半38分までプレー。地元イフラス通信は「技術面で称賛に値するプレーを見せた」と伝え、地元紙ブルサ・ハキミエトは「中盤で精力的に動いて攻撃の芽を摘み、味方に良いパスを供給した」と報じるなど高評価を与えた。

 細貝が自身のブログで「トルコリーグは近年素晴らしいスピードでレベルアップしていて、世界的に素晴らしい選手もたくさんプレーしています」と説明したように、近年は大物が加入することでリーグへの注目度は高まっている。特に今夏は、ビッグネームが続々と移籍。昨季王者ガラタサライはドイツ代表FWポドルスキ、同2位フェネルバフチェはファンペルシーとナニ、同3位ベシクタシュはドイツ代表FWゴメスらを補強した。

 3強以外でも、2部から昇格したアンタルヤスポルは元カメルーン代表FWエトオを獲得するなど、各クラブが積極的に補強を行った背景には外国人枠の緩和がある。これまでは登録メンバー28人のうちトルコ国籍以外の選手と契約するのは8人が限度だったが、今年1月には14人まで認められるようになった。

 また年俸490万ユーロ(約6億6600万円)と伝えられるファンペルシーら、トルコのクラブが高年俸選手を獲得する一助となっているのが所得税率だ。トルコ紙ザマンによると、トルコの税率は15%で、52%のスペイン、47.9%のイタリア、47.5%のドイツ、45%の英国など主要リーグに比べて大幅に低い。欧州では選手の所得税をクラブ側が負担するのが一般的。例えば年俸1億円の選手を獲得する時、トルコのクラブが負担するのは1500万円で済むが、英国の場合は4500万円もかかる。国際的に選手争奪戦となったような場合は、税負担の軽いトルコのクラブの方がより高い年俸をオファーできる可能性が高い。

 12~13年にはガラタサライが欧州CLでトルコ勢最高タイとなる8強入りするなど欧州舞台でも台頭。サポーターによる暴力問題も減少傾向にあり、スター選手の加入によってリーグのステータスはさらに高まることになりそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年9月1日のニュース