アゼルバイジャン代表 新監督にプロシネチキ氏

[ 2014年12月3日 22:54 ]

 アゼルバイジャン・サッカー協会は3日、元クロアチア代表MFのプロシネチキ氏(45)が同国代表監督に就任すると公式サイトで発表した。期間は2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会予選まで。フォクツ前監督は欧州選手権予選での低迷などを理由に10月に辞任した。

 プロシネチキ氏は引退後、レッドスター(セルビア)などで指揮を執った。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2014年12月3日のニュース