本田の活躍に伊各紙も高評価「研究の跡がうかがえる」

[ 2014年9月16日 05:30 ]

パルマ戦で2点目のゴールを決め、喜ぶACミランの本田

セリエA ACミラン5―4パルマ

(9月14日)
 ACミランの日本代表FW本田の活躍に一夜明けの地元各紙も高い評価を与えた。

 最高評価こそ2得点したFWメネズに譲ったもののガゼッタ・デロ・スポルトは7点をつけ「研究の跡がうかがえる非常に美しい動き」とヘディングゴールまでの流れを称え、同じく7点のコリエレ・デロ・スポルトは「この日本人は味をしめた」とFWとしての才能開花を認めた。またトゥット・スポルトとともに7点をつけ たコリエレ・デラ・セーラも「上達は続く」と評価した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2014年9月16日のニュース