湘南が監督&選手のキャッチフレーズ募集中!昨年は「少悪天使」など

[ 2014年2月12日 10:22 ]

 J2湘南の放送部で、毎年恒例となっているホームゲームで選手紹介をする際のキャッチフレーズを募集している。

 選手をイメージするような言葉・文字を「漢字」で表したキャッチフレーズは、選手紹介と大型ビジョンが連動し、スタジアムを盛り上げ、試合に臨む選手たちを鼓舞する瞬間。応募されたキャッチフレーズは監督・選手自身が選考を行い、見事「ベルマーレ放送部賞」に選ばれた場合には、応募した選手の直筆キャッチフレーズ入りサイン入り色紙をプレゼントする。

 キャッチフレーズのルールは、必ず漢字で表すこと。文字数は問わず、漢字と読みが異なっていたり造語であっても構わないが、ひらがなは使用できない。

 昨年の選手キャッチフレーズを継続したい場合は昨年のものから選んでも構わないとういう。

 ちなみに、昨季のキャッチフレーズは、チョウ・キジェ監督が「蹴志貫徹」(読み:しゅうしかんてつ)で、MF永木は「湘勝輝点」(ウイニングメーカー)、MF梶川は「蝶舞蜂刺」(ファンタジスタ)。異色なところでは、DF亀川の「亀最高」(カメックス)、FW吉浜の「少悪天使」(ちょいわるエンジェル)などがあった。

 応募方法は湘南HPに掲載。なお、締め切りは14日に迫っている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年2月12日のニュース