宮市 プロ入り初の120分プレーでヘロヘロ「ミス多かった」

[ 2013年9月27日 06:00 ]

ウェストブロミッジ戦の前半、競り合うアーセナルの宮市(右)

イングランド・リーグ杯3回戦 アーセナル1-1(PK4-3)ウェストブロミッジ

(9月25日)
 FW宮市はアーセナルの一員として初めて先発出場を果たしたが、不完全燃焼に終わった。左MFで前半は好クロスを配球したが徐々に息切れ。プロ入り初の120分間プレーに「下半身が全部つってしまった」と苦笑いを浮かべ、全体的なパフォーマンスにも「納得していない。ミスが多かった。あまり、インパクトを残せなかった」と悔しがった。

 イングランド代表FWウォルコットら攻撃陣に負傷者続出。ベンゲル監督は「ケガ人がいる間にチャンスをつかみ、実力を示さなければならない」と奮起を求めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2013年9月27日のニュース