開始わずか30秒で先制!ビジャレアル 今季無敗で4位キープ

[ 2013年9月27日 10:23 ]

リーガエスパニョーラ第6節

(9月26日)
 スペイン・リーガエスパニョーラ第6節の3試合が26日に行われ、ビジャレアルはホームでエスパニョールを2―1で下した。古豪ビジャレアルは今季無敗(4勝2分け)で、3位レアル・マドリードに勝ち点差2の4位を維持。

 ともに無敗同士の対戦は、試合開始からわずか30秒でゴールが生まれる。右サイドMFペレスのクロスから、MFカニが頭で落としたところをMFペルベが合わせて、ビジャレアルが先制。ビジャレアルは後半22分にもカウンターから、MFカニの折り返しにFWペレイラが合わせて、リードを広げる。その後、反撃を1点に抑えたビジャレアルが3試合ぶりの勝ち点3を手にした。

 ビルバオはホームでベティスを2―1を下した。1点を先行されたビルバオは、後半28分MFエチェバリアの左クロスにMFマルコスが頭で合わせて追いつくと、同37分にもFWペレスのクロスにDFドミンゲスが頭で決めて逆転勝利。ビルバオは今季4勝目で5位に浮上し、3試合勝ち星のないベティスは13位に後退した。

 ヘタフェがホームでセルタを2―0で下し、9位に浮上。敗れたセルタは4試合勝ち星がなく、11位に順位を落とした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2013年9月27日のニュース