パキスタン出身の米実業家がフルハム買収 225~300億円!?

[ 2013年7月13日 12:59 ]

プレミアリーグ・フルハムを買収したパキスタン出身の実業家シャド・カーン氏

 イングランド・プレミアリーグのフルハムは12日、米プロフットボール(NFL)でジャガーズのオーナーを務めるシャド・カーン氏(62)によるモハメド・アルファイド氏(84)からの買収が成立したことを発表した。カーン氏はクラブの全株式を取得し、地元メディアによると買収金額は1億5000万ポンド(約225億円)から2億ポンド(約300億円)。

 パキスタン出身で米国籍を持つカーン氏は、米国で自動車部品会社を興して成功。11年フロリダ州ジャクソンビルに本拠を置く、NFLのジャガーズを買収している。

 02~04年に元日本代表MF稲本潤一も所属していたフルハムは、97年3部に所属したチームを英国の老舗高級百貨店ハロッズの経営者(当時)だったアルファイド氏が買収。アルファイド氏は16シーズンにわたりオーナーを務めて、01年プレミアリーグ昇格後は1部に定着させた。

 プレミアリーグで米国資本の傘下に入るのは、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リバプール、アストンビラ、サンダーランドに続いて6クラブ目。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年7月13日のニュース