J1大宮も募金活動へ…ガン闘病中のフットサル選手に支援続々

[ 2013年7月13日 12:37 ]

 J1大宮は13日、右上葉肺腺癌と診断され闘病中のFリーグ ・湘南ベルマーレフットサルクラブの久光重貴選手(32)を支援するため、募金活動を行うとともに応援メッセージを募集すると発表した。

 実施するのは7月17日の川崎F戦(午後7時開始)が行われるNACK5スタジアム大宮のWエリアコンコース。

 元J1大宮選手で、10年2月に右大たい骨骨肉腫であることを公表し、現在復帰に向けてリハビリをしている塚本泰史アンバサダー(28)も協力の呼びかけを行い、集められた募金・応援メッセージは後日、久光選手に届けられるという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年7月13日のニュース