磐田 終了直前勝ち点3スルリ、DF増やす関塚采配実らず

[ 2013年7月13日 22:43 ]

試合終了間際の失点で仙台と引き分け、肩を落とす磐田イレブン

J1第16節 磐田1―1仙台

(7月13日 ユアスタ)
 低迷する磐田は、あと一歩で勝ち点3を逃した。1―0の後半44分、GK川口のパンチングが短く、角田に蹴り込まれて同点とされた。ピンチをチーム全体で何とかしのいでいたが、最後はもったいない形で失点した。

 後半41分に桜内を投入してDFの人数を増やし、逃げ切りを図った関塚監督は「1―0で勝ち切れるチームにしたいというメッセージを込めて入れたが…」と悔しそうだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2013年7月13日のニュース