シュツットガルト 話し合いが奏功 酒井高「安心 しばらくこの戦い方を」

[ 2013年2月18日 09:26 ]

ホッフェンハイム戦で競り合うシュツットガルトの酒井高(左)

ドイツ1部リーグ シュツットガルト1―0ホッフェンハイム

(2月17日)
 シュツットガルトはリーグ戦の連敗を5で止めた。前日に選手間で話し合い、まずはしっかり守ると確認したことが奏功。攻撃参加を控え、守備で貢献した酒井高は「安心した。しばらくこの戦い方を続けて、一つ一つよくしていきたい」と胸をなで下ろした。

 岡崎は「みんなで守って勝ってよかった」と話したが、試合終了間際の交代出場に「信頼されていないのかな」と喜べない様子。現状打破へ「少ない時間でもチャレンジしないと」と自分を鼓舞するように語った。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2013年2月18日のニュース